mythsandfabrications:

My daughter wanted to dress up her hamster in dolly clothes, I told her that wasn’t really going to work…but if we cut holes in a box and make some of those seaside type pictures you stick your head through, only hamster sized, perhaps we could make him look like he dressed up!

クッソ可愛いww

(via birdkeeperperry)

"

 食事法というのを見ていくと、人間どこまで頭がおかしくなれるもんだろうと興味惹かれるが、その薄らとした狂気のぼやけた臨界を見つめていくと、なにやら宗教の臨界でもある。ある宗教では豚を食うなという。ある宗教では牛を食うなという。

 なんでぇ? 食えばいいじゃん、美味しいじゃんとか日本人は思う。が、かく言う日本人は、犬や猫は食わない。犬を食うのは医食同源アジアの 伝統文化でもあるが、食わない。食っちゃいけないとも日本人は思っていない。他のアジア人が食うのはかまわないと思っているし、日本人で食う人がいても不 思議ではないなと思っている。知人は、犬肉はうまいが猫肉は煮ると泡がでて臭くてかなわん言っていた。しかし、大半の日本人は食わない。なんで? かわい そうじゃんとか言う。しかし、かわいい羊や馬をゆえに感謝して食うことはある。

 日本人は鯨を食うと昨今の欧米人は言う。実態を知 らないのだ。食ってないと思う。うまいと言う人もいるが、私はなんども上等なのをトライしてもうまいと思わない。まあ、自分に合わないだけかもしれない。 いずれにせよ、日本人はそれほど鯨を食わない。食うのはかまわないと思っている。豚と牛となにが違うの? かくして欧米人の一部は発狂したごとく怒る。 が、日本人は理由がわからない。たぶん、宗教的な心理の問題だろう。そして、日本人のこの食に対する態度も、なんらかの宗教的な心理によるのだが、いっこ うに宗教ではないと思っている。

"

没エントリパーツ - finalventの日記 (via jinon) (via wideangle) (via konishiroku) (via yaruo)
2010-05-03 (via gkojay) (via petapeta) (via ukar) (via motomocomo)

frozencrafts:

Rachael

"20年以上前、森永乳業は完全滅菌真空パックの豆腐を開発しました。防腐剤無しで、常温で1年近くも保つのです。当然、日本で大々的に販売する予定だったのですが、待ったがかかりました。 これが販売されると、町の中小の豆腐屋さんが存亡の危機に関わるというわけです。 結局豆腐業界(全豆連)の主張が通って中小企業分野調整法が適用され、森永の豆腐は日本で販売ができなくなってしまい、困った森永は米国市場に進出しました。 米国在住の日本人は殆ど全員このパック入り豆腐を食べたことがあるはずです。 現在も日本では店舗での販売ができないようですが、通販では広く売られています。"

大企業は豆腐を製造できない - 経済 - 教えて!goo (via ibi-s)

米など保護産業でもどうか

(via kotoripiyopiyo)

(via galliano)

aadeikkossuu:

Twitter / 72Ecstasy: あwwwかwんwwww …

aadeikkossuu:

Twitter / 72Ecstasy: あwwwかwんwwww …

(via galliano)

applearts:

Interior design room: designers Gennady Martynov and Emre Cetinkoprulu.

applearts:

Interior design room: designers Gennady Martynov and Emre Cetinkoprulu.

(via motomocomo)

bhagatkapil:

Science Day in India, posting whole series of Scientists, their inventions or discoveries.

Shop: http://society6.com/KapilBhagat

vampirejohnnysun1018:

可愛すぎて使えないニャンコのチーク

" 「これから皆さんは退屈なスライドをたくさんご覧になるので、まずはベッカム夫人、ビクトリア・ベッカムの写真をどうぞ」。

 そういうとスポルスキー氏は、胸元が大きくはだけたセクシーな写真をプロジェクターで表示した。続いて「性差別主義者と言われないように」と、今度は隣に上半身裸のデビッド・ベッカムの写真を提示。会場は笑いに包まれた。

「この会場でベッカムのことをご存じの方は?」と言って満場の会場のほとんど全員が挙手するや、今度は「1、2、3……」と、その数を数え始め、そうかと思えばあっさり「オッケー、6人ね」と嘘っぱちの数字を口にするなど、テンポ良く聴衆の予想を裏切り、次々に笑いを誘う。

 この導入トークは、単なる眠気覚ましのスタンドプレーやジョークではなかった。スポルスキー氏はすかさず、ベッカムと同じチームの主将であるランドン・ドノバン選手の写真を提示して、こう続けた。

 「ベッカムがどうして人気があるのか私にはよく分かりません。このランドン・ドノバンのほうがはるかに優秀な選手で、チームにとっていい仕事をしています。でもベッカムのほうが有名です。グーグル検索では800万件と80万件の差があり、年俸でもベッカムが年に650万ドル以上もらっている一方、ドノバン選手はTシャツを破ったときに無償でTシャツがもらえる程度なんです」。

 興奮の渦中で自らTシャツを破り捨てる瞬間の写真を提示されたドノバン選手には気の毒だが、1位と2位の差は、それほど埋めがたいというのがスポルスキー氏の指摘だ。「これはiPodと、おもしろみのない暗い色のZuneの関係にたとえることができます」という。"

すばらしいソフトを作るには、カリスマが講演 - @IT (via mcsgsym)

(via gkojax)

"

たとえば「読書が好き」という。
すると「年間何冊読んでるの?」と聞かれる。
「読むの遅いから月3冊で…まあ40冊いかないくらいかなあ」と答える。
次に来るのは「えっ、そんな少ないのに読書好きって言えるの?」

以下

「好きな作家は?」
「えーと、伊坂幸太郎とか、村上春樹かなあ」
「えっ、そんなメジャーなのしか読んでないのに読書好きって言えるの!」

「じゃあさ、伊坂幸太郎の経歴でさ、こうこうこういうのあるじゃない?あと交友関係が〜で…」
「あ、ごめん、作者のことはよくわからない。既刊は全部読んでるけど…」
「えっ、作者の周辺情報も知らないで読書好きって言えるの!」

自分は「読書が好き」としか言ってない。
本を読むのが好き。
でも「そんなので読書が好きって言えるの?」っていうのは、どういうことなんだろう。
好きというのに資格がいるんだろうか。
読書にかぎらず、漫画でも、アニメでも、ゲームでも。詳しくないと好きと言っちゃいけないんだろうか。

"

好き≠詳しいということ (via mcsgsym)

(via gkojax)

"

ネットの異常性について

とにかく速度優先で記事を書く。ちょっと刺激的な推測を混ぜる。

2chの各板に取り上げられる

あちこちの2chまとめブログが記事にする

炎上

個人ブログが記事にする。

元記事へのアクセスが増える

一通り騒いだらみんな飽きる。

「関係者に丁寧に取材した記事はいつもこれ位のタイミングで投稿される」

「ネットの旬」が過ぎているのでほとんど読まれない。

日本のネットメディアは、手抜きをすればするほどアクセスが増え、丁寧な記事を書けば旬に間に合わずアクセスが稼げない。

商業的に成り立つのは「マスゴミ」と呼ばれる質の低い記事が中心。

 

わたしたちさえまともになれば、日本は圧倒的独り勝ちに近づく。 - 情報の海の漂流者

"

小鳥なTumblr (via iterwtt)

(via motomocomo)

applearts:

Interior design room: designers Gennady Martynov and Emre Cetinkoprulu.

applearts:

Interior design room: designers Gennady Martynov and Emre Cetinkoprulu.

(via motomocomo)